中井昌暁が語る、WEB広告の可能性

i-Phone

中井昌暁が思うにWEB広告は、すぐに反響がでます。

他の広告媒体のように効果の検証が難しいといった点では格段に違いがあります。

特にリスティング広告は、ユーザーが興味を持って検索したキーワードに基づいて表示されますから有効な広告になりうるのです。

検索連動型広告と言われるものです。検索する人は、その情報を求めています。

さらにその情報を欲している人の5%の人が購入したいと思いすぐ購入するとすればその1%は、今すぐ購入に結びつけられるかもしれません。

実際に高い確率で購入にいたることが実証されています。

広告は、身近な関心のある人に向けて発信するのが最も効果が出るといいます。

キーワードに絞り込めば、インターネットを利用している、どの年代の人が関心を持っているのかもわかります。

ターゲットを絞り込んだ、ユーザーのニーズを取り込むことができます。

WEB広告を利用する利点は、的確な対象と顧客ニーズを即時に取り込み購買に結び付けることができることにあります。

アイパッド

 

中井昌暁も毎日目にするWEB広告ですが、じつは様々な種類があり、それぞれメリットが異なっているようです。

様々なサイトに表示されている、一般的なWEB広告の形態として、アドネットワークを挙げることができます。

アドネットワークとは、ネットワークを通じて、様々なサイトに配信される広告サービスであり、広告主と媒体、どちらにとっても利点が多い方法です。

アドネットワークの誕生によって、広告の契約から配信までの流れを、一括化することが可能となりました。

それぞれの媒体と交渉し契約するといった手間を、一気に省くことが可能となったのです。

さらに、ターゲットを絞り込んでおけば、広告の内容に適したサイトだけを、媒体として選ぶことができます。

最小限の手間で、効果的に広告を行なうことができる、それがアドネットワークの素晴らしい点でしょう。

アドネットワークが生まれたことにより、WEB広告には大きな変化が生まれたといいます。

今後さらに、新しい広告の形が生まれ、発展を続けていくのではないでしょうか。

i-Phone

 

ホームページやブログを閲覧していると、中井昌暁はWEB広告をよく目にします。

スマートフォンやタブレットで移動中もホームページなどを閲覧できるようになった今、WEB広告はテレビのCMに匹敵すると考えている人もいるほどです。

WEB広告には色々な種類があります。

公的なホームページ場合、運営するための資金を提供している会社や団体が広告を出していることも少なくありません。

個人でホームページやブログを持っている人に馴染みが深いのは、アフィリエイトでしょう。

企業の広告を自らブログに載せることによって、企業からお金をもらいます。

無料でホームページやブログが利用できるサービスでは、あらかじめページの端に広告が入れられるものもあります。

その場合、広告の種類を選ぶことができないので注意が必要です。

ただし、ブログ等をレンタルする際に利用目的を聞いてから掲載する広告が自動で選ばれるので、不快に感じる広告が掲載されることは殆どありません。

暗闇でスマホをいじる男

 

WEB広告はインターネットをしていれば目にしない日はないぐらいにあちこちで展開をされていますが、これから先更に伸びることが約束された分野だと中井昌暁は思います。

一昔前までは広告といえばテレビやラジオに、新聞やチラシと言ったものがメインでしたがインターネットが急速に普及をした現代ではWEB広告に少しずつシフトしてくるようになりました。

 

何かの情報を得る時にインターネットを利用するという人の数が増えてきたため、広告を出すにしてもテレビやラジオなどよりもWEB上に広告を出したほうが効率がいいということに多くの企業が気づき始めたためです。

そして、インターネットの世界はこれから先ますます発展をしていくものですから、それに合わせてWEB広告というのも更に伸びていくことになります。

WEB広告は様々な仕掛けを凝らして宣伝をすることができるので、今までになかった宣伝効果を得ることができるという魅力もあり、重要性はますます高まっていきます。