中井昌暁が興味を持った「web広告」について

中井昌暁は、一般的に広告と言えば、企業側がユーザーへ一方的に情報を伝えるものだと考えています。

テレビCMや新聞広告、街角のポスターや看板などは代表的な広告です。

既存の方法でも、高いPR効果が得られますが、今では双方向性を意識したWEB広告の方が、少ないコストで高いリアクションを得られます。

実際に多くの企業や組織が、WEB広告にシフトし始めています。既存の方法にプラスする形で、WEB広告の掲載に力を入れる企業や組織が増えつつあります。

WEB広告の長所はユーザーに、良い意味で広告だと認知されない事です。

ユーザーが過去に検索したキーワード、訪れたサイトなどをもとにして、関連した属性の広告を自然と閲覧中のサイトに掲示する方法を取ります。

そのため、ネットサーフィンをしているユーザーは、良い意味で掲示されたバナーやテキストリンクを広告を思わず、自然な形でクリックします。

自分にまるで関係がない広告は、ユーザーの目に留まりませんが、WEB広告の場合、いわゆるターゲット層にピンポイントでPR出来る強みがあります。

インターネットが革新的な成長をしている中、WEB広告も飛躍的に発展しています。

WEB広告の種類には検索エンジンの検索結果に連動した広告を表示するリスティング広告や、複数のサイトを取りまとめた広告網のことを指すアドネットワークなどがあり、何れもWEB上でよく見かける広告方法です。

WEB広告はホームページ上に張り出される広告のことです。

他にも多くの広告が張り出されるため、限られたスペースの中でいかにインパクトを与えることができるかが重要になります。

インターネットが普及している現代ではWEB広告の効果はとても高いものになります。

 

中井昌暁もそうですが、テレビよりネット、SNSに夢中の現代人。WEB広告はそんな現代人にぴったりの広告方法です。

ひとくちにWEB広告といってもたくさん手法があり、例えばリスティング広告はネット検索した時に、キーワードの関連サイトとして表示されるものです。多くの検索者の目に留まりやすいため人気です。

WEB広告はホームページの片隅に掲載されることが多いです。周囲の広告や情報に負けないだけのインパクトを残せるかが勝負となります。

インターネット上ではインパクトがあるものはすぐに拡散するので、WEB広告のインパクトはとても重要です。

中井昌暁はケータイコンテンツ作成やサイトを運営することに興味があり、さらにWEB広告を活用して会員を増やせないかなどをリサーチしてみました。

WEB広告と言っても多岐にわたるので、中でもリスティング広告に照準を絞り、関連する有名な方のサイトやブログなどを片っ端から読み漁りました。

おかげで、自分自身で納得させられる知識がつき、今後の業務の幅が広がりそうです。

 

WEB広告とは広告であるため人の手で作られるのが当たり前です。

ただ近年、人工知能の分野の技術発達が目覚しいものを見せています。

その発達した人工知能はありとあらゆる業界で用いられています。

その影響はインターネット業界にも進出してきています。それはWEB広告も例外ではありません。

現状では広告デザイン自体を人工知能が担当するわけではありません。

人工知能が担当している部分はマーケティングの部分です。広告においてマーケティング要素は欠かせません。

現時では人工知能が有するWEBマーケティングのツールやサービスが続々と発表されています。

WEBマーケティングにおいては膨大ともいえるデータを集計して分析する必要があります。

またそれらのデータ運用には細かい調整が必要です。そういった部分は人の手よりも機械である人工知能の方が有利といえます。まさしくこれからのWEB広告は人工知能なしでは成り立たないかもしれません。