中井昌暁VS花粉症

中井昌暁は花粉症になったとき、くしゃみやのどの痛み、頭痛に効果がある薬を服用することが遅れてしまい、その年は大変な思いをしました。

そのため、これからは花粉が飛ぶ前に花粉症対策の薬を処方してもらおうと考え、早くからクリニックの予約をしていました。

血液検査をして体質やもっているアレルギー要素などを詳細に分析してもらい、自分に合った花粉症対策用の薬を処方してもらうことができました。

花粉が飛ぶ前に薬を飲み始めたため、中井昌暁は周囲の友人たちがくしゃみをして大変だと嘆いている横でも、快適な暮らしをおくることができました。

ただ薬だけで頼ってしまったら、これから花粉症が長く付き合っていかなければならないのに、もっと薬の量が増えてしまう可能性があると考えました。

そうならないようにするため、自宅で簡単にできる花粉症対策を行うようになりました。

まずは外出から帰ってきたら玄関でコートなどにコロコロクリーナーを使って花粉を拭い去り、部屋着に着替えてしまいます。

部屋にできるだけ花粉を持ち込ませないようにするためです。

それから洗濯機で洗ったものは、外に干すと花粉が付着してしまうので、部屋干しをすることにしました。

お風呂に乾燥機能がついていたので、バスタオルや下着はお風呂内で乾かすことにしました。

それ以外のシャツなどはリビングの窓際に干すことにしました。

部屋干し用の洗剤は香りが良いので、室内に干しても不快になることはありません。

 

中井昌暁は数年前に、突然花粉症を発症するようになりました。

くしゃみや頭痛がひどくなったので、花粉症対策のために薬を服用しましたが、中井昌暁は普段から薬をあまり服用しないので、食事で花粉症の症状を抑えることができないだろうかと考えるようになりました。

中井昌暁は、独り暮らしを始めてから節約のために自炊料理をするようになったので、花粉症対策のために料理をすることは苦になりませんでした。

花粉症に効果があるものとして、レンコンが良いと聞いたので調べてみることにしました。

レンコンにはカテキン要素が含まれていて、アレルギー症状を起こす抗体の血中濃度を下げることがわかったので、レンコンの天ぷらを作ったり、レンコンで酢の物を作るようになりました。

その他にも玉ねぎが花粉症の症状を改善するポリフェノールの一種を含んでいることを知り、玉ねぎをそのままスライスしてサラダにしたり、煮込んでカレーライスにしたりしました。

花粉症対策として効果があるものは野菜が多く、やはり人間の体にとって野菜を摂取することは健康につながることを実感しました。

野菜中心の生活をするようになってからは、花粉症の症状が以前よりも軽くなったと感じますし、体全体の健康が良い方に向かっているように感じました。

体重が減って新陳代謝が良くなり、便秘をすることもなくなりました。中井昌暁は花粉症の時期が終わっても、これからも野菜中心の食事を続けたいと考えています。

 

中井昌暁は春先にくしゃみと鼻水が止まらず、頭痛が長く続いたことがありました。

市販の風邪薬を服用しても症状が改善しなかったので、大きな病気かもしれないと考え、病院に受診することにしました。

そこで症状を聞いてもらい、さらに血液検査をしてもらったことで、花粉症だと診断されました。

中井昌暁は自分が花粉症になるとは想像もしていなかったので驚きましたが、くしゃみなどの原因がわかったので、花粉症対策をしようと考えるようになりました。

それからは医師に処方してもらった花粉症対策の薬を服用することになり、以前よりもくしゃみなどの症状が改善されたことを実感しました。

医師からは、花粉症が発症する前に薬を飲み始めるほうが効果が出やすいと教えてもらったので、それからは花粉が本格的に飛び始める前に病院を受診することにしました。

おかげで花粉症に悩まされることなく、上手に花粉症と付き合っていけるようになりました。

初期療法をすることによって、症状の発症をおくらせることができるようになり、薬の量も減らすことができるようになったので、薬の費用も抑えることができて助かっています。

中井昌暁は、突然花粉症になったので、同じように花粉症が突然なおるのではないかとひそかに願っています。

最近は、今まで花粉症になっていなかった人たちも、花粉症を発するようになったという話を聞くようになったので、これから国単位で花粉症対策を考えてほしいと願っています。