花粉症のためお茶飲んだり掃除機かけたり…中井昌暁の奮闘記

中井昌暁には幼馴染がいますが、その彼は2月頃になるとマスクの着用を始めます。 そして花粉症対策用のめがねを着用して完全防備をするので、最初は笑っていましたが、あまりにもくしゃみを連発するので最後は気の毒に感じるようになりました。 しかしそのときはまだ他人事だと感じていましたが、ある時から、中井昌暁もくしゃみを連発するようになってしまいました。 最初は風邪でもひいたかもしれないと感じていました。その頃、寒い日とあたたかい日がじぐざぐだったため、体温調節がうまくいかないことが原因だろうと判断していました。 しかし花粉症がひどい幼馴染から、それって花粉症の症状だと指摘されてどきっとしてしまいました。 花粉症というのは突然発症することが多いことを知り、不安になったのでクリニックを受診すると、間違いなく花粉症だと診断されてしまいました。 薬を処方されたものの、朝は鼻がむずむずして目が覚めるようになり、洗濯物を外から取り込んでたたんでいてもくしゃみが出るようになってしまいました。 ようやく幼馴染の完全防備をしていた気持ちがわかり、これからは中井昌暁も出かけるときはマスクと眼鏡を着用することを決めました。 花粉が飛んでくる時期になると憂鬱になりますが、春が近づいてくる印でもありますから複雑な気分になります。 くしゃみをして周囲を不快にさせないように、仕事に行く日は薬を飲んでしますが、最近は中井昌暁の周囲にもくしゃみを連発している人が増えて少し心強いような気分にもなっています。

 

  中井昌暁にとって、花粉症が他人事だと感じていましたが、数年前から春が近づくにつれて、くしゃみを連発したり、目のかゆみを感じるようになりました。 最初は花粉症だということが受け入れられなくて、マスクもせずに目薬も使用していませんでしたが、とうとう目のかゆみに我慢ができなくなったのでクリニックの診察を受けたところ、花粉症に間違いないと診断されました。 今まで花粉症に苦しんでいる人がマスクを着用してもくしゃみを連発しているのを見て、そんなにひどいのかと疑問に感じていましたが、実際になってみてようやくそのつらさがわかるようになりました。 中井昌暁は休日は、一人で一眼レフカメラをもっていろんなところで写真を撮影するのが趣味なのですが、花粉症になったことで出かけることを控えるようになってしまいました。 会社がある平日は仕事なので同僚に迷惑をかけるわけにはいきませんから、目のかゆみに嘆きながらも出社しますが、休日は家から一歩も出ないようにしています。 そのせいで運動不足になってしまいますが、その代わりに家の掃除を徹底的にするようにしています。 今までは1か月に1回くらいしか掃除機をあてていませんでしたが、家にいるようになってからこまめに掃除をするようになり、部屋では快適な生活ができるようになりました。 ただ洗濯物は花粉がつくのが怖いので、家の中で干さなければならないのが少しつらいです。そのため、香りのよい洗剤を使って気分転換をしています。   日に日に過ごしやすい気温になって、春の訪れを感じている中井昌暁です。 暖かい日は部屋にいるのがもったいない気がして、外に出たくなるものです。 しかし、花粉症の人にとっては憂鬱な季節ですね。花粉症対策には様々なグッズがあります。 少しでもこのようなものを利用して、症状を軽くしたいと思うことでしょう。 薬に頼るのも良いですが、今回は飲み物に視点をあてたいと思います。 花粉症は欧米化した食生活が原因の1つとも言われています。 食生活を見直して、腸内環境を整えて免疫力を高めると、症状が少しでも軽くなるのではないかと中井昌暁は考えるのであります。 そこで、毎日の食生活にも採り入れたい飲み物は、ポリフェノールを含むものです。 ポリフェノールの中には、花粉症の原因とされるヒスタミンを減少させる働きがあり、それと同時に炎症を抑える抗酸化作用がもたらされることで注目されているものです。 では、実際にどのような飲み物にポリフェノールが含まれているかと言えば、次のものが挙げられます。 まずは「緑茶」です。 緑茶に含まれるカテキンには、抗アレルギー作用があると言われています。 また、カテキンは、烏龍茶にも含まれています。 次に「はとむぎ茶」も効果的です。 はとむぎ茶には、花粉症の原因となる物質を抑える効果があると言われており、また炎症を抑える効果も兼ね備えていると言われています。 さらに、「甜茶」の中に含まれる甜茶ポリフェノールにも、抗アレルギー作用をもたらす効果があると言われています。 毎日の食生活にこれらの飲み物を加えて、心地良いこの季節を楽しみたいものですね。