中井昌暁君によるダイエットのマメ

中井昌暁がおすすめするダイエット方法の豆知識は、ウオーキングです。

かつてダイエットに成功した中井昌暁の実体験に基づく実体験を教えましょう。

まず、ダイエットをする時に正しい知識を頭に入れて置かなければ時間の無駄になってしまいます。

たとえば、体を動かせばダイエットになるからと筋トレをしたり、体に大きく負担がかかるようなきつい運動をしてもあまり効果は見られません。

なぜなら体に付いた脂肪を燃やしていないからです。

脂肪を燃やすためには体の血液が運ぶエネルギーを使い切る必要があります。

つまり、短時間で終わる運動はたいていは脂肪のエネルギーを使うに至らず、血液が運ぶエネルギーを消耗するだけで、体重を落とすにはつながらないということを豆知識として知っておくべきことです。

この裏を返せば、体重を落とすためには酸素が運ぶエネルギーを使い切るぐらいの長い時間運動を続けることが大事ということになります。

体脂肪をエネルギーとして消耗する時間はおよそ30分から40分ぐらいになります。

どんな運動をするにしても最低40分程度は体を動かし続けて始めて体重を落とすことが可能になると言うことを知っておきましょう。

では、どんな運動をしたらいいでしょうか。

これにはジムでバイクで漕いでもよいですが、景色が変わらず単調です。

それよりは外でウオーキングをして様々な自然を楽しむのが良いでしょう。

特に河原は季節によって見せる顔が違いますので、堤防などを歩くのがおすすめです。

 

中井昌暁は学生の頃はスポーツ部に所属していて、毎日ハードな練習を積み重ねていました。

そのおかげで体力がつき、同年代の男性よりも筋力があることを自慢にしていました。

しかし筋肉というのは毎日鍛えなければあっという間に落ちてしまいます。

社会人になって仕事の忙しさにかまけて運動をしていなかった間に、自分でも驚くほど筋力が落ちてしまい、その代わりに体のあちこちに脂肪がついてしまいました。

体重も増えてしまい、今まで着用していたスーツがきつくなってしまい、同僚からも太ったんじゃないかと言われるようになったのでダイエットをはじめることにしました。

中井昌暁はダイエットなんて簡単だと思い込んでいましたが、実際に行ってみると驚くほど体重が減りません。

また筋力をアップさせるための家の周辺を走ってみましたが、すぐに息が上がってしまい1キロも走ることができませんでした。

このままでは体力不足にもなってしまうので、まずは無理せずに筋力を鍛えようとして、家の中で腹筋をすることにしました。

腹筋ならテレビを見ながらでもできるし、自分の限界を知りながらできるので無理をすることがありません。

腹筋を毎日続けたことでお腹周りの脂肪が減少し、お腹と背中に筋肉がつくようになりました。

鏡の前で見ても、たるんだお腹ではなく引き締まったお腹になっているので、自己満足になりますが嬉しい気持ちになります。

腹筋を鍛えることで身体のラインが綺麗になり、ダイエットにもつながるのが魅力です。

 

背筋を鍛える事は、ダイエットの中では特に重視されていませんが、中井昌暁は逆に重要だと捉えています。

ダイエットを試みる時、多くの人は腹筋を鍛えようとしますが、何故か背筋は軽視され後回しにされます。

腹筋だけ鍛えても、相対的に背筋の強度が落ちれば、体のバランスが崩れてダイエット効果は低下します。

また、腹筋の強さで前かがみになりがちなので、腰に負担がかかり腰痛が発症する可能性もあると中井昌暁は考えます。

 

 

 

 

背筋を重視した、中井昌暁のダイエット方法は、簡単かつ安全に取り組める方法です。

中井昌暁が効果を認めたダイエットのコツは、腹筋よりも背筋を中心に鍛えたり、普段見る事が出来ない体の裏側を鍛えるやり方が特徴です。

背中を鍛える場合は、必然的に腰も強化する結果に繋がるので、怪我を防ぎながら痩せる事が出来ます。

意識して体を鍛える時、大抵のケースでは体の前面の筋肉が鍛えられます。

しかし、背中や脚の裏側を意識して筋力強化を行えば、余り使われていなかった筋肉を脂肪燃焼のエンジンに変える事が可能です。

中井昌暁はその事に気が付き、積極的に鍛える取り組みを行った結果、通常の方法よりも効率良く脂肪が減らせる事が分かりました。

大切なのは全身をバランス良く使い、一部だけを鍛える一点豪華主義は避ける意識改革です。

背中の筋肉が増えれば、猫背が解消されて姿勢が良くなり、お腹周りに付く脂肪は燃焼しやすく、腰も周囲の筋肉が均等に使えるようになります。