中井昌暁とテレビ番組とインターネットについて

クイズ番組

中井昌暁も最近観ていて思うのですが、最近のテレビ番組はクイズ番組が圧倒的に増えていますよね。

昔からある解答者を募集して作成されているものより、芸人さんや俳優さん、知識人と言われる著名人が解答者として出演している番組がほとんどになりました。

おバカキャラが流行っていた時代もありましたが、現在はちょっと失礼にはなりますが、えっ?この人が?と思うような人が知識豊富だったりしています。

問題も多岐にわたって面白く観させていただいています。

楽しく観るということに関しては、Dボタンで選択してくださいとアナウンスされるクイズ番組や、料理の値段を予想する視聴者参加型のテレビ番組があります。

これは、1人で観ていても、家族と観てもホントに楽しめます。もちろん人数いる方が断然楽しいです。

たとえばケンカしていて何か雰囲気悪くても、問題に対しての解答を二人で探るきっかけができるので仲直りの確率がグンと上がります。

親子ではお父さんの威厳が高くなったり低くなったりするかもしれませんが、会話時間は確実に増えます。

子供に至っては、家族が驚く正解を出したらヒーローになれるという現象が起こるのです。

まさに家族団欒という図式が一つのテレビ番組によって出来上がるわけです。

クイズ番組

それから中井昌暁が思うのは、海外の暮らしや海外青年協力隊から派遣され働いている日本人の番組も、同じように家族で楽しめる番組の一つであるということです。

日本では当たり前の生活が海外では決して当たり前ではなく、自分たちがどんなに恵まれているかを教えてくれます。

何より、見た事も聞いた事もない国の人たちが、どんな生活をして暮らしているのかを観れるのですから興味は尽きません。

色んな情報を簡単に知りえる現代ですが、テレビ番組から得る感動はなかなか味わえるものではありません。

そういう番組を観て自分の夢が広がり、もしかしたら自分の子供がこの国の役に立ちたい!とかこんな仕事をしたいというようになるかもしれません。そうなると、家族団欒が家族会議に変更です。

インターネットの普及で、それぞれが同じ番組を観ることが少なくなっていて、そもそも夕飯を家族で食べると言うことも少ないのかもしれません。

中井昌暁も少し覚えがありますが、子供はゲーム、お母さんはブログ、お父さんは1人テレビの前。

考えると寂しくなってしまいます。

でも、視聴者参加型のクイズ番組であったり、海外の生活、仕事を伝える番組であったり、年代を問わずに家族全員で楽しめる番組が多くなってきています。

家族団欒という温かな場が、テレビ番組によって当たり前になる予感です。

また、インターネットといえば様々な記事がありますよね。

中井昌暁もよく観ているまとめられた記事。内容に興味があれば十分情報は得ることができるので、利用できるものはいろいろなケースを参照すると情報の正確性が確保できます。

2ch同様まとめサイトにもさまざまな人が集まってくるために、特定の層をターゲットに絞った話題がたくさんあります。

思想的にも自己満足を促すような記事もたくさんあって、サイトによって変更した内容で印象操作している記事もあるので、閲覧には注意が必要です。

特定の話題に同じ意見が集約されている場合、サイト管理者に都合よく偏されている可能性があります。

どのような媒体でもそうですが、見ているものを真実ととらえるのではなく、あくまで判断材料として考える方が安全です。

テレビがいっているから正しいとか、新聞に書いてあることは嘘だというような決めつけ方は問題ですが、自分の意見と会わないからといって迎合できるサイトばかりを見ていると、間違った認識をしてしまうことがあります。

何事も鵜呑みにせずによく考えることが大事で、客観的な冷静な判断を心がけることが大切です。

2ch用語などを理解してまとめサイトを閲覧すると、さらに記事の内容が理解できるようになりとても便利です。

サイト