中井昌暁とCMで見たスイーツとレシピ

純度の高いチョコレートを食べれば、スイスイと痩せることができるのではないかと夢見たことがありましたが、中井昌暁は過去に知人からのいたずら半分のお土産として純度80~90%のチョコレートを貰い、エライ目に遭ったという経験があります。

そのため某お菓子メーカーさんのCMを見た時には、「攻めてるなぁ。」と、関心したのを覚えています。

未だに食べた事はないのですが、大々的に商品として打ち出しているからには、だいぶマイルドに作られているのではないかという期待もあり、そのうち食べてみようと思っております。

chocolate

またチョコレートはポリフェノールが豊富で、カカオポリフェノールは抗酸化作用でエイジングケアへの効果もあるようです。

素晴らしいです。

調べてみた結果チョコレートは様々な含有物の効用により、とても人間の体に大変有用なようです。

純度の高さが謳いどころの商品もありますし、各お菓子メーカーさんも商品を研究したうえで開発しているでしょうし、消費者がそれぞれの特化した機能性を選べる選択肢があるということで、健康を気にする方も安心して食べられるのではないでしょうか。

人類が初めてカカオを見つけてから、現代の美味なチョコレートまでクオリティーを上げてきた先人たちの汗と努力に感謝しながら、中井昌暁は今後も安心してモリモリ食べてゆこうと思う所存です。

チョコ

大好きなお菓子メーカーのお菓子は常に家にストックして置きたいところですが、在庫切れなど常に購入できる状態を確保するのって案外難しいです。

そんなときに役立つのが自分でお菓子メーカーのお菓子を手作りするレシピです。

お菓子メーカーのあの味をお家で作るなんて難しそうと心配する方も大丈夫です。

再現レシピを参考にすると大好きなあの味に近づくことが可能です。

濃厚なバターの香りと味わいが人気の海外のお菓子人気ブランドのショートブレッドもお家で再現できます。

用意する材料は薄力粉が140グラム、常温の有塩バターが90グラムと上白糖が45グラムです。

もし有塩バターが手元にない場合は無塩バターに塩をひとつまみ入れ90グラムで代用可能です。

これらの分量で天板1枚分の分量ができます。

作り方ですが、まず有塩バター90グラムをよく練っていきます。

そこに上白糖45グラムを2回から3回に分けて有塩バターに混ぜ合わせます。

コツは空気を含ませるように混ぜてあげることです。

白っぽい状態でふわっとした感じになるまでが目安になります。

振るっておいた薄力粉140グラムを加えますが、このときさっくりと混ぜ合わせるようにするのがポイントです。

最後にクッキー生地をギュッとひとまとめに固めるようにします。

次にラップを広げた上に生地をのせ麺棒などを使い平たくしていきます。

そして三つ折りにおり、さらに方向を変えて平たくしてください。

そのあとはまた三つ折りの作業を行います。

生地の折りたたみの工程が終わったら約0.8センチから1センチの厚さにしラップでくるみ冷蔵庫で約60分以上生地を休ませます。

冷蔵庫以外にも冷凍庫で凍らしても大丈夫です。

オーブンの予熱温度は200度です。

休ませた生地をカットしてお好みの形に整えたらオーブンシートを敷いた天板の上に間隔を少し設けながら並べていきます。

フォークや楊枝を使い穴をあけるとお菓子メーカーのあの見た目により近付きます。

オーブンに天板を入れたら温度は160度に下げて焼きます。

20分から25分ほどを目安に両面に薄く焼き色がつくまで焼き、焼きあがったそのまま天板の上で冷ましてください。

冷ますことでサクサクとした食感になります。

ちなみにショートブレッドの基本となる配合の割合は砂糖1に対して、バター2,粉3です。

砂糖、バター、粉が1対2対3ですので覚えやすいのも嬉しいです。

基本のレシピを参考に自分好みのさらにアレンジすることで世界で一つだけのマイレシピのクッキーもつくれる魅力があります。料理上手になりたい中井昌暁でした。

sb