中井昌暁とお菓子の話

この間友人が作ってくれたクッキーがあのお菓子メーカーや飲食店で販売しているようなクッキーの味わいでとても感動しました。

中井昌暁もこれまでクッキーなどを作ってもやはり市販のお菓子メーカーや飲食店で販売されているようなクッキーの味わいには程遠い感じで、本当に手作りクッキーって感じに満足できていませんでした。

それが友人の作ったクッキーはまさにお菓子メーカーやカフェなどで販売されているクッキーの味そのものだったのです。

さっそく作り方を聞いて今ではクッキーはこのレシピ一筋です。

しっとりとしてお口のなかでとろけるような味わいが魅力のチョコレートクッキーは大満足できる仕上がりです。

材料はチョコレートが52グラムにバターが13グラム、小麦粉35グラムです。

チョコレートはどんな味でも構いません。

私は定番のミルクから大好きなホワイトや抹茶などでよく作りますが、そのほかイチゴなどお好みの味のチョコレートで作ることが可能です。

中井昌暁は大概定番のチョコレートを選びます。

作り方はまずチョコレートと52グラムとバター13グラムを湯煎で溶かしていきます。

そこにふるった小麦粉35グラムを入れカードなどを使いながら混ぜます。

粉っぽさが見えなくなったら手で揉むようにして、ラップに移し包んでください。

クッキングシートなどを使い記事をくるんだらすだれの海苔巻きをイメージした感じで巻き形を整えます。

定規を使うことでより形が整えやすくなります。

あとはすこし硬くなるまである程度常温で生地をそのままにして置いてください。

完全に硬くならない間に約4ミリから5ミリを目安にカットしていきます。

オーブンの天板にクッキングシートを敷いたらある程度間隔を開けるようして、カットしたクッキーを並べます。

170度に予熱したオーブンで3分で焼きあげるのがコツです。

生っぽさが残る感じがこのクッキーのポイントになります。

もし形が崩れてしまったらそれは焼きすぎかもしれません。

生地が少し膨らんだというころでオーブンから出してあげるのが良いです。

焼き上げたら常温で冷やしてください。

出来たてもいいですが、次の日くらいが一番食べごろです。

短時間で作れるのも嬉しいこのクッキーの人気レシピはなくてはならない重宝するお菓子レシピです。

お家で本格的な味わいのクッキーを楽しみたい方は絶対に試してみてください。

中井昌暁も料理するんですよ!1度作るとその味わいに感動して、常にこのクッキーをストックしておきたくなるほど美味しく手が止まらなくなります。

日本では現在はたくさんのお菓子が販売されており、スーパーでもコンビニエンスストアでも簡単に手に入れる事はできます。

しかし日本の昔の時代ではそう簡単に手に入れられる物ではなく、古代のお菓子といえば果物や木の実でした。

小腹がすくと野生の果物や木の実などを摘み取って食べていたのです。初めて知った時、中井昌暁も驚きました。

 

和菓子など日本にあるおやつに使われる原材料として代表的な物には砂糖がありますが、日本に砂糖が伝わったのは754年頃の事だと言われています。

当時、伝わってきたのは黒糖と氷砂糖でした。

当時の名前は黒糖が蔗糖、氷砂糖が石蜜となっています。

奈良時代頃に書かれた書物には砂糖が薬として使われていた事が記録として残っています。

砂糖を使ったおやつが歴史の中で出てくるのは室町時代に入ってからでした。

ただし、この時代にあった砂糖入りの菓子は海外から入ってきた物ばかりでした。

例えばカステラや金平糖、ボーロなどがそうです。