中井昌暁と豚

料理や食べることも趣味のひとつです。中でも中井昌暁は、健康や美容に良いと言われている豚肉料理が大好きです。

豚肉には、ビタミンB1が豊富に含まれていますが、疲労回復にも効果があると知りました。

毎日忙しく仕事をしている中井昌暁にとって、豚肉料理は健康的な毎日を支える救世主のような食べ物です。

効率よく健康対策を行うために豚肉料理を食べる際には、にんにくやにら、玉ねぎなどを一緒に食べるようにしています。

そうすることで、ビタミンB1の吸収率をアップすることができるのです。

また、煮物にするよりも炒め物で食べるほうがおすすめと知り、豚肉料理を食べる際には炒め物が多いです。

豚肉料理のレシピをチェックしてみると数多くあることが分かります。

そのどれもが簡単にチャレンジできるレシピばかりです。

中井昌暁は自炊が得意とは自信を持って言えませんが、そんな中井昌暁でも作ることができるレシピが多いので助かります。

美味しい豚肉を使った料理を作るには、豚肉の選び方にもこだわりたいです。

レシピに合った豚肉の部位を選ぶことが大切ですが、それだけでなく豚肉の色や弾力、艶があるものを選ぶようにしています。

おすすめは、艶のあるピンク色の豚肉を選ぶことです。

最近は、豚ばら肉が好きですが、豚ばら肉は脂肪が多いのが気になる点です。

この悩みを解消するために豚ばら肉を使った料理を作る際には、まずお湯を沸騰させて湯通ししてから調理するようにしています。

そうすることで脂肪が気になりません。

 

中井昌暁は料理も作り、豚肉料理でスタミナをつけることを書きましたが、最近はまっている豚肉料理があります。それは、豚の角煮と酢豚です。

中井昌暁は、最近中華料理にはまってしまいました。基本的に食べることが大好きなので、洋食もよく食べるのですが、それ以外にも和食や中華、ベトナムやタイなどの東南アジア系、韓国料理など、どれもすべて興味があり、気分によって色々と食べています。その中で最近中華料理をレストランで食べたのですが、そこのトロトロに煮込まれた豚の角煮がとても美味しかったため、自分の中で中華料理のブームが始まりました。

しかも今は冬の寒い時期なので、大根が安くて美味しい季節です。想像しただけでよだれが出そうなほど、煮込んで柔らかくなった大根は、また格別な美味しさです。よく豚の角煮には、豚ばら肉と大根がセットで煮込まれていますが、これは味の相性が良いだけではなく、大根に含まれる成分が溶け出すことによって、豚肉の肉質を柔らかくしてくれる作用があるからなのです。中井昌暁も家で作るときには、一度大根を米の磨ぎ汁で別で少し煮てから、味を入れて煮込んだ豚ばら肉と一緒に合わせます。日本酒のつまみとしても最高ですし、熱々のご飯のおかずにもぴったりです。

そしてもう一品、酢豚も最近はよく作ります。黒酢を使って作るのですが、普通の酢豚よりもこくがあって、フルーティーに仕上がります。黒酢は必須アミノ酸が豊富に含まれているため、健康にもよく、最近のお気に入りなのです。

 

テレビの健康番組で、豚肉には疲労回復に良いビタミンB1が多く含まれていると聞きました。それで早速、豚肉料理を作ろうとパソコンで簡単な調理方法を探し、簡単にできそうなものを作ってみました。

簡単で美味しかったのは、シンプルな生姜焼きでした。薄切りの豚肉と玉ねぎを炒めて、しょうゆや生姜で味付けするというオーソドックスな調理方法です。しょうゆやみりんの量が調節できるので、定食屋で食べるより中井昌暁の好みの味つけで美味しい生姜焼きができました。それに自分で作ると塩分や糖分を控えたりできるので、確かに外食よりヘルシーなのだと実感しました。

それから、鍋に白菜と豚のバラ肉を交互に入れて、酒を少しだけ掛けてから蓋をして蒸し焼きにする豚肉料理も簡単でした。味付けをしていないので、その日の気分でポン酢、ゴマだれ、チリソースなどに付けて食べると、毎回味が変わって食べやすいです。もやしやえのきを加えたときもありましたが、美味しかったです。

白菜と豚のバラ肉、もやし、えのきといえば、市販の豆乳鍋スープを使って材料を煮込んだ豚バラ鍋も作りました。鍋の最後はラーメンで締められるので、あとはつまみになる漬物か何かがちょっとあれば、これで夕食は十分です。後片付けが楽なのも良かったです。

もちろん、他にも豚肉料理はまだまだたくさんあります。これからも色々な豚肉料理に挑戦して、疲労知らずの身体をめざしたいと思います。