花粉なんかに負けない中井昌暁

中井昌暁は春が近づいてくると憂鬱な気分になります。 その理由は、花粉症だからです。花粉が飛ぶ時期は、中井昌暁の鼻は完全に壊れてしまい、鼻水が際限なく出てしまいますし、目は真っ赤になるほど痒くなって涙が出てしまいます。 鼻をすすっていると、風邪のような症状になって頭がぼんやりしてくるので、仕事が集中できなくなってしまいます。このままでは日常生活をおくるにも支障が出てしまうので、民間療法を取り入れています。 民間療法は誰にでも効果があるというものではありませんが、体質に合っていれば効果があると信じています。 そのため、中井昌暁は花粉症が発症する時期には、毎日1杯のしょうが茶を飲むようにしています。 花粉症になるとくしゃみを連発することで身体の熱が奪われてしまい、身体が寒く感じることがあるので、温めるためにしょうが茶を飲んでいます。 しょうがだけで辛く感じるときは、はちみつを垂らして飲んでいます。はちみつは喉にもいいですし、免疫力を高めてくれるような気がするので利用しています。 民間療法は科学的な根拠がないものもありますが、かなり古くかた人伝に伝えられてきたものも多いので、全く効果がないということはないと考えています。 ある程度、効果があると感じたからこそ伝えられていると判断して、中井昌暁はしょうが茶を欠かさないようにしています。しょうが茶を飲み始めてからは、おかげで花粉症の症状がひどくなくなり、仕事にも支障がありません。   中井昌暁は数年前から花粉症を患うようになっています。中井昌暁の家族は誰も花粉症ではありませんから、自分には関係ないと考えていましたが、くしゃみを連発してしまったり、目から涙が出て痒みを発症する症状が出たことで観念しました。 鼻水が出てしまうと頭までぼんやりしてしまい、風邪をひいたように熱っぽくなってしまうので、仕事に支障をきたしてしまいます。 少しでも症状を軽減させるために、クリニックで薬を処方してもらっていましたが、最近では市販薬でも花粉症に効果があるものが出たということを知り、市販薬に切り替えることにしました。 仕事があることでなかなかクリニックが開院している時間に行けないことも要因です。市販薬であれば、ドラッグストアでいつでも好きなときに購入できますし、最近では薬剤師さんが常駐しているドラッグストアが増えていますから、薬の成分や副作用、服用における注意についても教えてもらうことができるのでとても便利です。 ドラッグストアでは食品なども売っていますから、一人暮らしの中井昌暁にとっては、市販薬を購入するついでに、夕食の食材を購入することができます。 ポイントも付与されますし、スーパーと併用して使いたい存在になっています。市販薬も確かに進化しているようで、以前よりも花粉症に対する効き目がよくなったという印象があります。服用しても仕事中に眠くなったりしないので、花粉が飛ぶ時期は手放せない存在になっています。   春になって、暖かくなるのは嬉しいし、散歩に出掛けたりお花見など、アウトドアの楽しむも色々ありますよね。 でも、花粉症に悩まさられてる中井昌暁に取っては、素直に喜ぶ事ができない季節でもあります。 花粉症の時には、市販薬を服用すれば良いと思われる方もいらっしゃりますけど、眠くなってしまったり、ボーっとしてしまったりしますし、眠くなりにくい薬だと効果を実感できない時もあるのです。そもそも、薬を飲み忘れてしまう時もあるので、花粉症の季節は本当に厄介なのです。 花粉症をどうにかして改善したいと思った中井昌暁は、食べ物でアプローチできないかと考えました。 漢方で改善する方法を耳にした事があるし、きっと有ると信じて調べてみると、ヨーグルトが良いと知りました。ヨーグルトなら、どこでも気軽に購入する事ができますし、副作用の心配も無いから安心です。 ヨーグルトなどの乳製品好きとしては、こんな所でヨーグルトにお世話になるとは思っていませんでしたが、毎日食べる自信があるので嬉しい限りです。 花粉症の季節がはじまる前から、毎日ヨーグルトを食べていれば、免疫力が高まるそうです。 中井昌暁は、朝食にヨーグルトを食べるようになりました。身近な食べ物で、様々なアレンジが効くので、毎日続けて食べても飽きませんし、体調も以前よりも良くなってきた気すらします。最近は、暖かな日が続いていますが、今年の春はマスクも市販薬も必要なさそうです。