中井昌暁君の花粉症対策★

中井昌暁は大人になってから急に花粉症を発してしまい、目のかゆみと鼻水、くしゃみに悩まされています。それまでは花粉症は他人事だと感じていたので、急に目がかゆくなってくしゃみを連発するようになったのは衝撃的でした。

仕事柄、取引先の方と顔を合わせることが多いので、花粉症対策としてクリニックで処方された薬を飲むようにしています。中井昌暁が受診しているクリニックは、体質に合った薬を処方してくれるので、眠くなったりする副作用がほとんどないので助かっています。ただ、花粉が飛び始める前から飲み始めなければ効き目がないので、1月頃になるとクリニックに通うようにしています。

そして処方された薬を飲み続けることで症状を軽く抑えることができます。その他に中井昌暁が行っている対策は、外出するときはマスクと眼鏡を着用し、帰宅したら玄関に置いておいた粘着テープで洋服に着いた花粉を落とすようにしています。できるだけ室内に花粉を入り込ませないようにして、室内は空気清浄機をつけるようにしています。洗濯物も外に干さずに、室内乾燥にして花粉が付着しないようにしています。

これらの対策をすることで、花粉が大量に飛んでくる3月も何とか乗り切ることができています。もし対策をしなかったら、くしゃみと目のかゆみで仕事どころではなくなってしまうので、これからもずっと花粉症対策は続けていこうと考えています。いつか劇的に治る薬が発見されることを願っています。

 

花粉症の悩みは、新しい季節に全国的に発生しますが、中井昌暁の方法であれば簡単に対処出来ます。

花粉症は鼻の粘膜を切っ掛けとして、主に顔の粘膜に症状を発生させます。また、鼻水や涙も発症するので、日常生活に支障を与える症状といえます。一般的な花粉症の対処法は、薬でアレルギー反応を抑えたり、症状を閉じ込める治療法が行われます。しかし、中井昌暁の対処法は、通常の花粉症対策とは違う事が特徴になります。中井昌暁が考える花粉症は、飛来する花粉が鼻に入り込み、粘膜が刺激を受ける事で諸症状が発生するメカニズムです。

つまり、花粉が鼻の粘膜に付着しなければ、花粉によって引き起こされる症状は回避出来るという考え方です。中井昌暁の具体的な対処法は、粘膜を安全に保護する保護剤を塗る方法です。安全性の高さで知られている保護剤としては、目に塗っても安全とされるワセリンがあります。ワセリンは石油由来ですが、現在販売されている多くの製品は、優れた精製技術によって高純度に加工されています。

ワセリンの塗り方は簡単で、清潔な綿棒に少量取り、あまり奥に差し込み過ぎない程度に入れて塗ります。中井昌暁の対処法を行う場合は、毎日の外出前を基本として、一日三回程度塗る事がおすすめです。安定性が高いワセリンは、簡単に剥がれる事はありませんが、症状を完璧に防ぎたいのであれば、毎日三回の使用がポイントになります。必要なのは身近な物ですが、どれも安全性は高く、対処法も難しくないので直ぐに試せます。

 

花粉症は一度かかってしまうと一生付き合わなければなりませんが、症状の緩和策ならばいくつかあります。薬で抑えるという手ももちろんありますが、その他に中井昌暁がおすすめするのは次のような緩和策です。

一番簡単にできる緩和策は、できるだけ体内に花粉を入れないことです。空気中にはたくさんの花粉が漂っていますから、それらをできるだけシャットアウトするのです。具体的には外出する時の服装を工夫します。鼻と口はマスクで防護すれば、湿気を保てば鼻や喉の調子も良くなりますから一石二鳥です。目はゴーグルで完全に覆うのが望ましいですが、なかなか難しいでしょうから眼鏡でカバーします。

また、帽子を被るようにすると頭髪に花粉が付着するのを防ぐことができ、室内に入る時に脱いで叩いて花粉を落とせば持ち込む量を少なくできます。着る服も、できるだけしっかりした生地で花粉が内側に入り込みにくい上着を着て、外で叩いてから室内に入るようにします。家の中に入ったら、手洗いや洗顔で付着した花粉を洗い落とします。また、普段は窓や戸をしっかり閉めて換気は花粉量が少ない朝のうちに行います。洗濯物も取り込む時にしっかり花粉を落とします。

次に食べ物です。お酒や辛い食べ物、たばこなどの刺激物は粘膜を刺激してしまうのでできるだけ避けます。逆に乳製品や野菜類、ポリフェノールや高度不飽和脂肪酸を多く含む食品などを食べると花粉症の症状を緩和できるとされています。

そして何より中井昌暁がおすすめしたいのは、身体の調子と生活リズムを整えることです。花粉症はアレルギー反応の一種ですから、身体の調子が症状に影響します。適度に食べよく休んで疲れを取れば免疫機能も適正に保たれますし、健康な生活にもつながります。