他人事じゃない 花★粉★症

中井昌暁は実家で暮らしていたときは、自分の部屋も母親が掃除をしてくれていました。

外出している間に布団を干してくれて、掃除機までかけてくれていました。

独り暮らしをしてからは、母親のありがたみが身に染みてわかるようになりましたが、自分では面倒なので掃除をすることはほとんどありませんでした。

しかし春先にくしゃみが止まらなくなって涙も出たことから病気かもしれないと病院を受診したところ、中井昌暁は花粉症であることや、ダニアレルギーを発症していることが血液検査でわかりました。

自分には花粉症やアレルギーは無縁のことだと考えていたので驚きましたが、花粉症対策をしなければ仕事に差し支えが出るほどの頭痛が出るようになりました。

そこで、花粉症やアレルギーの要素となるものを体に取り込ませないようにするために、掃除をこまめにするようになりました。

引越しをしてから掃除をすることがなかったので、掃除機も持っていませんでしたから、すぐに家電量販店に買いに行くことにしました。

中井昌暁は1つのことに夢中になると、それ以外が見えないという性格をもっているので、掃除を一生懸命にし始めると、とことん綺麗にしたいという気持ちが沸いてきました。

それからは毎日のように掃除機をかけて、拭き掃除を行うようになりました。

おかげで部屋の中はすっきりして、虫を部屋の中で見ることはなくなりました。

花粉症対策として始めた掃除ですが、今では生活の一部になっています。

中井昌暁は数年前くらいから、突然、花粉症を発症してしまいました。

それまでは鼻水をすすっている友人たちを見て、花粉症って大変だと他人事のように考えていました。

まさか自分が花粉症を発症するとは想像もしていなかったのでショックでしたが、それ以上に花粉症を発すると頭痛を引き起こすなどして日常生活に支障をきたすことがあると知るようになりました。

できるだけ毎日を楽しく過ごしたいと考えたので、中井昌暁は花粉症対策を取り入れることにしました。

とにかく花粉に触れないようにして、体内に花粉を取り込ませないことが大事だとわかったので、外出するときは完全防備の格好をすることにしました。

マスクはもちろん、帽子や花粉症対策用の眼鏡を購入しました。

服はできるだけハイネックのものや裾が絞られているズボンを着用し、内側に花粉が入り込まないようにしました。

服の素材も、ニットなどは花粉が付着しやすいことがわかったので、ツルツルした合成繊維を使った洋服を選ぶようにしました。

そして外出から帰ってきたら、玄関にコロコロクリーナーを置いておき、すぐに全身の表面に付着した花粉を取るようにしました。

家の中に持ち込んでしまうと、部屋の空気中に広がってしまい、夜中にもくしゃみが出ると考えたからです。

これらの花粉症対策を徹底して行うことになった結果、以前よりも花粉症の症状が軽くなったと感じました。

室内は加湿器をつけて花粉が巻きちらないようにしています。

 

中井昌暁は小さい頃は花粉症ではありませんでしたが、社会人になってから、ある日突然のように花粉症の症状が出ました。

くしゃみや涙が止まらなくなってしまい、さらにひどいときには頭痛まで併発してしまいます。

仕事をしようとしても、鼻がむずむずして集中することができなくなってしまいました。

そのため、花粉症対策として医師に相談して薬を処方してもらうことにしました。

しかし医師からは、花粉症を少しでも体内に問い入れないようにする対策をした方が良いと言われました。

中井昌暁はそのため、花粉症対策として、洗濯物を外に干さないようにすることにしました。

実は一人暮らしをするために物件探しをしていたとき、洗濯物や布団を干しやすくするために、日当たりの良いベランダがあることを重視していました。

おかげで南向きの心地よい部屋を探すことができましたが、花粉症になってからは、外で干した洗濯物を身につけると、夜中ずっと鼻水と涙が止まらなくて眠れなくなってしまうことがわかりました。

そのため、花粉が飛ぶ季節は晴れている日であっても洗濯を部屋干しすることにしました。

生乾きになってしまうと嫌な匂いを発することがあることは知っていたので、洗濯用洗剤は部屋干し用のものを購入しました。

中井昌暁と同じように花粉症に悩む人が多くなったようで、部屋干し用の洗剤は多数取り揃えられていることがわかりました。

おかげで洗濯物に花粉が付着することがなく、花粉症の症状は以前よりも軽くなりました。