和食と洋食と調理器具にまでこだわる中井昌暁君

中井昌暁は両親だけでなく祖父母と暮らしていたため、普段の食事は和食が中心でした。

和食も大好きですが、小さいころは中井昌暁の誕生日など特別な時だけ、外食して洋食を食べていたので、洋食にはどこか憧れめいたものがありました。

大学生になって一人暮らしをするようになってから、アルバイトをすることになり、カフェでウェイターとして働くことになりましたが、そのときの賄いが洋食だったのでとても嬉しかったという思い出があります。

シェフが賄いを作ってくれているのをそばで見ているうちに料理に興味を持ったので、家でも自炊をするようになりました。

今まで自炊をした経験がなかったので最初は簡単な卵焼きを作ってみましたが、見事に失敗してしまいました。

シェフがとても簡単そうにふっくらしたオムライスを作るので、料理がこれほど難しいとは考えていませんでした。

その後も、シェフの作り方を見ながら、たまにアドバイスをもらったりして、何とかオムライスの卵を綺麗に作ることができるようになりました。

その他に、洋食好きには欠かせないデミグラスソースの作り方も教えてもらい、家でも様々な食材を使って作ってみました。

おかげでデミグラスソースを作ることができるようになり、今ではハンバーグを作ったり、ロコモコ丼を作るときにも活用することができるようになりました。

料理はとても奥深いので、一度はまってしまうととことん追求したくなります。

中井昌暁も洋食好きが高じて、これからもっと料理を頑張りたいと考えています。

 

中井昌暁は若いころはスポーツ部に所属していたので、体力を維持して空腹を満たすために、スタミナのつく食べ物を食べていました。

中華料理や揚げ物などがっつり食べられるものが大好きだったのですが、歳をとるごとにあっさりした食べ物が好きになりました。

そして一人暮らしをして自炊をするようになってからは、料理をするのが楽しくなり、いろんなジャンルの料理を作るようになりましたが、最後は家庭の味である和食が一番奥深いと感じるようになりました。

中井昌暁は少し血圧が気になったので、できるだけ塩を控えたり、糖分を控えるようにしようと考えていたので、和食のようなだしを使って調理することができるメニューは中井昌暁の身体にとっても最適でした。

中井昌暁は凝り性ですから、少しでもおいしい和食を作れるようになりたいと考え、おいしいと評判の飲食店があると遠くにあるお店でもわざわざ出向いて味見をしています。

おいしいと感じた料理の味を覚えて、家で再現しようと工夫するのが最近の楽しみになっています。

自炊でおいしい和食を作ることができれば、外食する必要がないので食費を節約することができますし、自分でカロリー計算することができるようになれば、健康管理もすることができます。

中井昌暁はおいしい料理を作るためには食材を吟味することも重要だと考えており、いつかは自分で家庭菜園をして野菜を作りたいと考えていますが、まだ先のことになりそうです。

 

中井昌暁は実家に住んでいるときは、食事はすべて母親と祖母に任せていましたが、一人暮らしをするようになってから、出来合いのおかずやお弁当、カップ麺を食べていたせいで太ってしまい体調を壊してしまいました。

このままでは病気になってしまうかもしれないと感じたので、自分で料理をすることに決めました。

最初はフライパン1つと包丁1本くらいしかなかったので、卵焼きと野菜炒めくらいしか作れなかったのですが、自分で作った調理は想像以上においしくて、作り立てのあたたかい料理がこれほど美味だということに感動しました。

それからは料理のレシピを検索したり、テレビの料理番組を見るようになりました。

中井昌暁はさらに調味料を揃えるようになったことで、レパートリーが広がるようになったので、調理器具にもこだわりを持つようになりました。

大きさの異なるフライパンを用意し、そのほかに揚げ物用の鍋や煮物用の鍋、そして外国製の調理器具も購入するようになりました。

料理が奥が深く、研究すればするほどおいしいものが作れますし、栄養バランスを考えたメニューなども作れるようになるので健康管理もできます。

今ではめったに外食をすることがなくなりましたし、給料日前でお金がピンチなときは、会社にお弁当を持っていくようにしています。

奥様に作ってもらったお弁当を食べている同僚の中で、中井昌暁は自分で作ったお弁当を食べていますが、どのお弁当にも負ける気がしません。