中井昌暁の国内旅行も良いぜな話

私、中井昌暁は異国情緒あふれる長崎が好きで、ときどき旅行に行っています。

 

そこで今回は、「中井昌暁おすすめ 1泊2日の長崎旅行プラン」を紹介したいと思います。

旅の始まりは長崎駅から。

早速路面電車に乗り込み、長崎新地中華街へ向かいます。

お昼時は、人気のお店には行列ができているので、早めに行くことをおすすめします。

中華街では、本場の長崎ちゃんぽんや皿うどんを味わいます。

魚介の旨みが溶け込んだちゃんぽんのスープは、一度口にしたら忘れられません。

お腹がいっぱいになった後は、中華街でお買い物。

お土産用に、月餅などの中国菓子を購入します。

次は、世界遺産のグラバー住宅があるグラバー園へ。

幕末から明治時代にかけての洋風建築を楽しみます。

グラバー園から歩いてすぐの南山手には、国宝の大浦天主堂があります。

ステンドグラスが素晴らしいです。

南山手でも、お土産を購入します。

カステラや枇杷のスイーツを購入することが多いです。

その後は、それほど遠くないところにある出島へ移動。

復元建物や出土品など、見応えのある展示物が揃っています。

夕食を済ませた後は、稲佐山展望台へ。

世界新三大夜景の一つである長崎の夜景は、とてもロマンチックです。

2日目は、佐世保の九十九島へ行き、クルージングや水族館のイルカショーを楽しみます。

お昼ごはんは、名物の佐世保バーガーを堪能。

ボリューム満点の佐世保バーガーは、行列が絶えませんが、並んででも食べる価値があります。

これが、中井昌暁がおすすめするプランです。

ぜひ皆さんも長崎へ行ってみてください。

 

中井昌暁は旅行をする際にいろいろな目的を設定します。

その目的はさまざまな方向性があり、主に中井昌暁自身がとても気にしていることを目的にする場合が多くあります。

目的を設定する場合に、おいしい食べ物を探すということを目標にすることもあります。

この目標であれば、どのような方でも旅行がとてもしやすく感じるはずです。

さらに、自分がとても好きな食べ物や食材に関する目標を設定することができれば、行き先や全体のプランなどが立てやすくなります。

中井昌暁はラーメンがとても好きなので、それを求めながらプランを立てることが多くあります。

これまで経験した内容を振り返ってみると、結果としてはかなり面白い内容となっています。

まさかこの地域においしいラーメン店があるとは考えてもみなかったなどのような結果に行き着くことも珍しくはありません。

また、自分自身のことをあまり分かっていなかったという結果まで、ラーメン店を巡る旅から判明したこともありました。

はっきり言えば、食べず嫌いはしてはいけないということです。

私たちには、どうしても苦手な味や食材があるものです。

しかし、調理のしかたによってはそれらの食材が反転しておいしい食べ物として認識される場合もあります。

ラーメンを通じて食材が持つ素晴らしさを痛感できたのも、これまでの旅行から得られた収穫です。

このように過去の内容を振り返ってみると、何かの目的を立てながらプランニングをすることが大切だということがはっきりと分かります。

 

海外に旅行に行きたいという日本人は大勢いますし、わたくし中井昌暁自身も、イタリアを始めとする外国に関心があるのですが、国内旅行の素晴らしさもまた、多くの経験の中で実感しています。

海外の国にはその国に独特の文化や空気感があって、日本にいたのでは出来ないような新鮮な経験ができるという魅力がありますよね。

中井昌暁もそんな新鮮な体験をもっとしてみたいとは思うんですが、よく考えてみると、日本国内でもそういった楽しみが味わえないわけではないんですよ。

日本は南北に長い地形をしていますし、海や山、川、森などの自然も豊かなので、その地域によって気候や風土、文化は色々だからです。

例えば北海道と沖縄では、同じ日本国内といっても全然気候や景色、そしてそこに住んでいる人たちの言葉や雰囲気がまるで違いますよね。

別の国同士であっても、ここまでの違いがないことは珍しくないほどなんです。

でも日本国内であればどこに行っても、外国と違って言葉が全く伝わらないことはないという安心感があります。

もちろん治安もいいですし、日本円がそのまま使えるという便利さもありますしね。

さらに日本ならではの、お寺や神社、お城といった歴史的な建物から、最新の高層ビルやテーマパークといったように、人気の観光スポットのジャンルが広いという点も、日本の魅力と言えるでしょう。

海外に旅行に行きたいなと思ったことがきっかけで、旅行について色々と考えてみたら、国内旅行の良さを再認識した中井昌暁でした。