中井昌暁の沖☆縄☆名☆古☆屋☆旅☆行

先日沖縄に旅行に行ってから、その魅力にどっぷりとはまってしまった中井昌暁です。

何とも言えないゆったりとした時間が流れていて、日本ではない感じが漂っています。

ソーキそばを始めて食べたのも、旅行での初めての経験でした。

それからは、インスタントのソーキそばを見つけると必ず買ってしまっています。

沖縄フェアをデパートで開催している時も、必ず足を止めて旅行気分で見入ってしまい気がつくと3,000円くらいは買っておりお会計でビックリという感じです。

スパムにもかなりの衝撃を受けました。

中井昌暁は、一度はまると飽きるまで買い続けていくという性格のようでストックもかなり持っています。

自宅にいながらも沖縄気分を味わいたい時に、サッとスパムを取り出して卵と炒めたりしているのです。

仕事をしていて残業が続いたりするとキツイなと感じますが、今度の長期休暇がきたら旅行に行くんだと意気込みそれを励みにしています。

定期的に沖縄は足を運び、行くと原点に戻るようなそんな気がしています。

一人で行くのは寂しい感じもしますが、一人の方が身軽で自分の行きたい場所にすぐ行けるのが好きです。

オリオンビールを飲みながら、沖縄のきれいな海を眺めていると自分の悩みは小っちゃいなと思ってしまうのです。

自分をリフレッシュさせるためにも、沖縄旅行はやめることはできないのです。

時間の流れが沖縄だけはゆっくりに感じ、何だか違うような気がする中井昌暁です。

旅行に行く際には、必ずと言っていいほどプランを策定します。

中井昌暁も、自分が旅行をする時になればしっかりとしたプランが出来上がってから行動を起こすタイプの人物です。

このプランにはさまざまな方向性があり、プランニングを見るだけでその方がどのような考え方をしているのかがよく分かります。

まず、どこの方面に旅立っていくのかという部分に注目ができます。

大きく海外に旅立つのか、あるいは国内で済ますのかという大きな違いがあります。

国内でも、テレビなどの報道機関で情報を手に入れやすい地域もあれば、そうではない地域も数多くあります。

どの方面に出向くかは個人の自由でもあり、また旅行に何を求めているのかで行き先も大きく変化します。

中井昌暁の場合は、比較的あまり知名度が低い地域に向けていくことが多くあります。

行った先では、必ずと言えるほど素晴らしい出来事があり、すてきな方々との出会いも必ずあります。

全くそのようなことが旅先では見つからないとの意見を持ち合わせている方もいますが、やはり自分自身ができるだけそのような体験ができるように考えて行動をしなければなりません。

中井昌暁は旅先での素晴らしい経験をしたいとの欲求がかなり強くあるため、自分からどんどん行動を起こす方向でプランニングをしていきます。

そして行った先でとても気に入った出来事や地域があれば、次回も同じようにその地域に出向くこともあり、このような楽しみ方を頻繁に行っています。

 

今回中井昌暁の友達が名古屋で結婚式を行いました。

せっかく名古屋に行くのなら、ついでに旅行も楽しんだほうがいいと思って、名古屋駅から近い場所になるホテルを予約しました。名古屋旅行での思い出を書きたいと思います。

名古屋と行ったら味噌カツ、手羽先、ひつまぶし、あんかけスパゲティなどの名古屋グルメを思い浮かべるかと思いますが、

今回はグルメよりショッピングを楽しんできました。

名古屋の大須という有名な商店街があり、古きよき時代を感じさせるお店や新しいきれいなカフェなどいろんなジャンルのお店が立ち並ぶ楽しいスポットです。

歩いていて気になったのがジェラートのお店が多くあることです。ここはイタリアかと思うくらい見つけることができました。

大須観音の近くでは骨董市をやっており、年配の方がお茶碗や人形などを手にとって見ていました。

中井昌暁もお店の人に挨拶をしながら湯飲みや箸置きなどの渋い骨董品を手にとって鑑賞しました。

黄緑のきれいな四角い箸置きが気に入ったので、2つ購入しました。

様々な骨董品の中からお気に入りを見つけるのはとても楽しい作業です。

大須商店街の中にはコメ兵という大型のブランド品買取センターがあります。

ブランド品が手ごろな価格でかえるということもあって、地元から根強い人気のあるお店です。

なかなか定価では買えないアイテムもあり、中井昌暁も気になって館内をウロウロと見てまわりました。

結局購入はしませんでしたが、広い館内を見てまわるだけでも充実した時間を過ごせました。

今回は大須商店街をブラブラしましたが、次はもう少し名古屋グルメを堪能したいと思いました。