中井昌暁が考える、ITベンチャー企業の可能性

IT企業はインターネット業界や端末のハードウェアやソフトウェア、インターネットを利用する際のプロバイダー、あるいは光回線などに分類されコンピュータ技術に関する企業ととらえることができます。

職種と仕事内容についてはシステムやサーバー、ネットワークエンジニアやプログラマーなどに分かれます。あるいはサービスの紹介のために顧客を訪問する営業職も含まれることもあります。

ベンチャー企業は和製英語で新しい技術や高度な知識を軸として大きな企業では実施し難いとされる創造的かつ革新的な経営を展開する中小企業のことを言い新興企業と呼ばれることもあります。

しかし明確な定義のようなものは存在しないと言われています。

中井昌暁が調べてみたところ、一般的に言えることはITベンチャー企業は成長過程にあり、投資機関から資金援助を受け、ベンチャーの指定を受けている場合にこう呼ばれるようです。

ITベンチャー企業の特徴としては研究成果を元に立ち上げられる場合やインターネットに関係する業務内容で立ち上げられる場合があり、まだ先行きが不鮮明でリスクを伴うことも多いとされています。

 

一昔前までは考えられなかった速度で企業が成長する時代になっています。

これは中井昌暁だけでなく、多くの人が感じていると思います。

これまでは物を製造し販売することで成長する企業が多かった時代でしたが、最近ではネットワークを利用し、サービスを販売することで急成長をするITベンチャー企業が増えてきています。

世界的に大きな、また高収益の企業の中の多くにIT企業が名を連ねています。

ITベンチャー企業は既存の概念にとらわれずに自社でしか提供できない革新的なサービスを作り出すことが出来れば、急成長する可能性を秘めています。

特にITベンチャー企業の創業が目覚ましいアメリカでは、多くの若者がIT企業を創業し、成功しようと切磋琢磨しています。

また、市場もそういった既存のサービスや概念を覆す若いアイディア溢れる有望な経営者に投資をする環境が整っていると言えます。

若いITベンチャー企業の創業者になると、学生のうちに企業し、収益を上げる仕組みを作り上げますので、これからの将来を見据えると有望な投資先と言えます。

 

中井昌暁が思うに大企業は確かに安定していますし、福利厚生なども充実していますので単なる労働者という視点で考えますと理想的な職場です。

ですが、労働者ではなく一人のプロとしてのビジネスマンという視点で考えますともったいない感じがしないでもありません。

理由は、大企業ですので組織の歯車になってしまうからです。

それに対してベンチャー企業、とりわけITベンチャー企業は歯車で終わることはほぼありません。

歯車でいられるほど甘くないという側面もありますが、それよりは自分でどんどん仕事を作り解決している発想を大切にする会社だからです。

上からの指示待ち人間には到底できない働き方ですが、その分働き甲斐があるのは間違いありません。

「人間はなんのために働くか」と言いますと、確かに生活をするための糧を稼ぐためという側面があるのは否定しませんが、それ以外に自分自身を高めるという側面も必要です。

人間はご飯を食べるために働くという次に必要なことは自分が満足するためという発想も大切です。

その意味で言いますと、ITベンチャー企業というのはその目的を果たすのにふさわしい企業といえます。

 

一昔前はITベンチャー企業と言いますと、胡散臭いイメージが「無きにしも非ず」といった感がありました。

しかし、今の時代にそのようなイメージを持つ人はほとんどいないのが実態です。

もしいたならその人こそ今のビジネス界について全く無知の人と言えます。

かつて自動車業界は自動車会社が作るものでしたが、時代の変化により自動車を作るのはITベンチャー企業という時代になりつつあります。

今でさえ自動車には多くのIT関連部品が使われていますが、それがさらに進み自動車にIT部品が使われるのではなく、IT商品の一つのカテゴリに自動車という商品が並ぶ可能性さえ思い起こさせます。

それほどIT関連企業はビジネス界で大きな役割を担うようになってきています。

そのような時代にITベンチャー企業で働くということは時代の先端で働くことを意味しますが、大切なことは常に新しい技術を考えることです。

これまでと同じような発想では時代の先端で働くことは不可能です。

その意味で言いますと、仕事的には大変ですがやりがいのある仕事ということができます。