中井昌暁による、ベンチャー企業を起業した友人の話など

IT企業といってもさまざまで、情報分野に特化した会社やモノづくりに特化した会社などがあります。

IT企業にも大企業だけでなく、ベンチャー企業がたくさんあり、社歴は少なくても若手エンジニアが活躍している会社もあります。

2000年代にITバブルでIT企業は急成長しました。

現在ではITバブル崩壊、IT企業は窮地に立たされているような言われ方をされています。

しかし決してそんなことはありません。

ITは今現在でも急激に進化を遂げているのでIT企業の成長もまだまだ期待出来るのです。

また、ベンチャー企業とは、革新的なアイデアや技術を用い、新たなサービスなどを立ち上げる企業のことです。

ベンチャー企業は、大企業では行いづらい冒険的な事業を行うので、中小企業が多いです。

今では、多くのベンチャー企業が社会で活躍しています。

ベンチャー企業は常に新しい分野を開拓していく企業です。

他の企業が手を出さずにいた分野や、思いつかなかった分野に果敢に挑戦していき、業績を上げていくのがベンチャー企業です。

時流を読み、他の二歩、三歩先を行く必要があります。

 

IT企業には多くのエンジニアが勤務しています。

エンジニアといえばIT企業の要的存在ですが、その裏では勤務を終えた後にエンジニアの勉強する人もいます。

中井昌暁の知り合いにも何人かいます。

仕事上ある程度能力があれば勉強をしなくても大丈夫ですが、勉強する人は必然的スキルが上がり給料が上がりやすい傾向にあると中井昌暁は思います。

中井昌暁の友人で大手電気メーカーへ入社後、その間に積んだ経験を元に、ベンチャー企業を設立して大成功している友人がいます。

彼はなんと中学の頃から社長をめざして、実際にベンチャー企業を起業しました。

すげえことしようを経営理念とする個性的な株式会社の社長になり常に新しいことに挑戦しています。

IT企業はおおよそパソコンに関することを業務としています。

ハードの開発、販売はもちろん、インターネット回線の接続や維持管理、内蔵するアプリケーションやプログラムの開発などその業務は多岐にわたります。

特にアプリケーションやプログラムの開発は他の企業の仕事効率を高めるものが多く、IT企業においては主力商品となります。

技術はどんどん発展していくため、プログラムもそれに対応したものに進化させていく必要があります。

時代を先読みし、必要とされるプログラムを先んじて開発します。

そのためIT企業は常に時代の最先端にいる必要があります。

既存の技術の発展だけではなく、新しい分野の開拓もIT企業は行っています。

他の企業が手を付けなかった分野、見落としていた分野に着目し活用できるようにするのもIT企業の目的の一つです。

新しい分野の開拓はリスクが伴いますが、常に新しいことに挑戦していくことで、企業として成長していくことができます。

 

IT企業は情報社会の申し子と言える企業です。

技術の発展により物流はどんどん加速しています。

その中でも情報の動きはインターネットの普及もあってほとんどタイムラグなしにやり取りが可能となっています。

そうした情報を武器として運営されるのがIT企業です。

インターネットが世界中に広がっていることを利用して、国内だけではなく地球全部を取引市場として活動しています。

情報は鮮度が命なので、常に最新の情報が手に入るようにアンテナを張り巡らせています。

1歩遅れるたびに業績が下がるので、IT企業は常に最前線にいて戦いを繰り広げています。

もちろん、情報の発信が簡単になった分だけ虚偽の情報が混ざっています。

そうした正誤を正しく見極める力も必要となります。

IT企業には既存の概念にとらわれず、新しい分野に踏み出していく挑戦の心がないと発展していくことは難しいです。

常に新しいこと、他者がやらないようなことに着目してどんどん挑戦していくことがIT企業の生き残る道です。