中井昌暁が見た、振り袖や不倫のニュース

中井昌暁がニュースで最近気になったのが、成人の日に振袖を着る事が出来なかった方達の話題でした。

振袖販売業者が、成人式当日に雲隠れしてしまい、この会社が指定したホテルで着付け予約をしていた多くの成人が途方に暮れたという事実です。

一生に一度の晴れの舞台を、この様に踏みにじられた人達は大変悔しい思いをしていると思います。

20歳の記念として、同級生と美しい晴れ着姿で再会する事を、誰もが楽しみにしているのです。

もちろん、ご両親にとっても20年間育ててきた区切りの晴れ舞台として、ずいぶん楽しみにされたことでしょう。

高額の料金を支払った方がほとんどで、そのお金を取り戻すのは難しいそうです。

金額はもちろんですが、裏切られたという心の痛手も大きいのではないでしょうか。

会社の経営が上手く行かずに、資金繰りが難しくなっても、何も知らない消費者を巻き込むべきではありませんね。

この会社の経営者は逃亡していて、どこに居るかもわからない状況らしいです。

その後、被害に遭われた成人の方を支援する会社や団体も続々現れているとの事。

着物はまさに日本の伝統的文化です。

その名に恥じないような経営を行って頂きたいと、消費者の立場からの願いです。

kimono

ここ最近、週刊誌によるスキャンダルや不祥事の摘発が中井昌暁の周囲で話題となっています。

とくに芸能界のスキャンダルニュースが目立ちます。

熱愛発覚やトラブルなどさまざまですが、今一番盛り上がっているのは不倫です。

過去にとある俳優が「不倫は文化」発言で世間をさわがせたこともあります。

もはや致し方ないことなのかもしれませが、芸能人ともなるとバッシングの対象になります。

週刊誌が毎回すっぱ抜くスキャンダルをいまかいまかと待ちわびているひともいるかもしれません。

下世話な話題とおもいつつも、世間の関心は高い傾向にあるようです。

それを証明するようにトラブルを起こすと、社会的制裁が加えられることもしばしばあります。

活動休止にとどまらず、引退にまで発展するケースもあります。

テレビや週刊誌で報道される内容は信ぴょう性があるだけに、かなりダメージを受けるようです。

しかし、この不倫問題ですが日本はかなり過熱していますが、世界からみると奇妙な印象があるようです。

アメリカやヨーロッパ圏は、スターであっても恋愛をオープンにしています。

映画祭やパーティーなど公式の場にカップルで登場することも多いです。

お国柄もあってかオープンな交際であれば、すくなくとも批判対象にはならないです。

不倫したのねえ

つい最近、日本のアイドルが熱愛発覚を反省すべく丸坊主になったこともありました。

これは日本でも行き過ぎた行為との声もあり、賛否両論の騒ぎとなりました。

アイドルのスキャンダルは海を越え海外でも報道されたようです。

そしてここ数年は中井昌暁が冒頭でも述べたように不倫が標的の的です。

寝耳に水のようなスキャンダルに世間はゆれています。

愛妻家とおもわれた男性の不倫、良妻賢母だったはずの女優が不倫、妻子持ち、清純派女優などきりがないです。

これまでは事態がおさまるまで沈黙を守るケースでした。

しかし、最近はすぐに釈明会見を開くなど対応も変化しています。

それだけ社会的制裁に値することなのかもしれません。

世界的にみても日本はモラル社会です。

ルールやマナーに厳しいので、不祥事やスキャンダルはかなりの痛手となるでしょう。

デメリットな側面が目立ちますが、これらのニュースが話題となることで流行語も生まれるのです。

ゲス不倫というワードも流行語のランキングに入りました。

だれもが瞬時に理解できる言葉となり、定着しつつあります。

週刊誌などのマスメディアの影響力をつよく感じる事柄となっています。

ハトでいいや