花粉症になった中井昌暁君

中井昌暁は花粉症は自分には関係ないものだと考えていましたが、数年前から、突然くしゃみが止まらなくなり、頭痛を引き起こすようになりました。

友人からはとうとう中井昌暁も花粉症になったといわれて、最初は信じたくない気持ちでしたが、病院で血液検査をしてもらった結果、スギ花粉にアレルギー反応が出ていることが判明しました。

アレルギー反応が出てから薬を服用するよりも、出る前に薬を飲み始めるほうが良いと教えてもらったので、その次の年からは花粉が飛び始めると予想される日の2週間前には、医師に相談して薬を処方してもらうことにしました。

血液検査などをしてもらい、自分の体質に合った花粉症対策の薬を処方してもらうことができたので、仕事中に眠くなったり、集中力が途切れることがないので助かっています。

その他にも花粉症対策としてツボ押しを行っています。

以前からツボ押しには興味をもっていて、食べ過ぎたときに消化を促す効果のあるツボがどこにあるかを勉強していました。

花粉症の症状を和らげる効果があるとされるツボはいくつかありますが、打ちくるぶしの中心から指を3本ほど上に上がった部分にツボがあるので、そこを親指で押して刺激しています。

その他にも小鼻より少し上のくぼんだ部分のツボを押すことにより、鼻の通りがよくなって鼻水が出るつらさを和らげることができます。

化学療法だけでなく、昔から伝わる民間療法を組み合わせることによって、つらい花粉症を乗り切りたいと考えています。

 

花粉が舞う空気が乾燥する期間は、花粉症患者にとって憂鬱ですが、中井昌暁も苦手としている季節です。

しかし中井昌暁は、独自の花粉症対策に取り組み始め、諦めずに続けたことで一定の効果を上げています。

花粉症対策の具体的な内容は、決して特別なものではなく、むしろ一つずつ当たり前を実践した結果実現したといえます。

中井昌暁はまず、花粉症対策は花粉と粘膜の接触を避けることが重要と思い、室内から徹底的に除去する方法を考えました。

室内は換気が必要である以上、窓を開けたり換気扇を回すことは必要で、外気が流入する状況は避けられません。

中井昌暁は、室内に入り込む花粉を少しでも減らすこと、そして空気中を舞わない環境作りに焦点を合わせ、主にその二つを実践しています。

通常の換気は、高性能フィルターを装着した換気設備で行い、弱い風力で長時間掛けて空気を入れ替える点が特徴です。

外の天気が良く、適度に空気が湿って風が弱い日は、窓を開けて少しの間だけ空気を入れ替えます。

一方では湿度を高めに保つ、これが花粉症対策効果を押し上げた方法で、空気中の埃の量が減り、くしゃみや鼻水等の症状が激減しました。

新たな花粉症対策を考える努力は今日も続いていますが、室内の成果は上がっているので、外でも症状を軽減するというのが次の大きな目標です。

努力の結果を得るには、止めることが許されず簡単ではありませんが、取り組みが実を結んだり、新たな希望が誕生した結果、中井昌暁が継続を誓う理由になっています。

 

中井昌暁は花粉症の症状が出るようになりました。

それまでは親や友人がくしゃみをして頭が痛いと話していても、それほどつらい症状なのだろうかと他人事のように考えていました。

しかし実際に自分が花粉症になってみると、そのつらさが身に染みてわかるようになり、あらゆる花粉症対策を試してみることにしました。

中井昌暁が勤めている会社は、スーツ着用が義務付けられておらず、社員の平均年齢も30代半ばという、比較的自由な雰囲気があります。

そのため中井昌暁も普段はプライベートで遊びに行くような気楽な服装にしており、髪の長さも顎より少し長いくらいになっていました。

休日になると高校の同級生とバンド活動をしているため、その雰囲気を作るために髪を伸ばしていたからです。

しかし花粉の時期は、できるだけ肌を外に出さずに花粉を付着させないほうが良いと聞いたので、花粉症対策として髪の毛を短く切ることにしました。

せっかく顎の長さまで伸ばしたので、切るのは少しもったいないかと感じましたが、それ以上に花粉の症状に悩まされていたので切る決断をしました。

花粉の時期は洗濯物を乾かすことにも手間を感じていたので、髪を短くカットしたことにより使用するタオルを減らすことができるようになり満足しています。

帽子をかぶれば髪の毛を全て帽子の中に収めることができるので、家に帰っても花粉をまき散らす心配がないです。

そして案外、髪の毛を短くしたほうが似合っていると周囲からも好評になっているので良かったです。