アタクシつらい…花粉症by中井昌暁

中井昌暁は毎年花粉症によるくしゃみ、目のかゆみ、鼻水などの症状に悩まされていました。

この時期は花粉症の症状によって集中力がなくなり仕事に集中できなくなることや、車の運転に支障をきたすことから花粉症対策の薬を服用することが多いのですが、薬を飲むと症状が和らぎますがその分、眠気に悩まされることから薬を服用する以外の方法で症状を緩和させることが出来ないかと考えるようになりました。

そこで、中井昌暁はネットで花粉症対策に効果がある食べ物を調べました。

その中で花粉症の人に一日200ml以上のヨーグルトを1年間摂取してもらったところ、3割の人の症状が軽くなったという実験結果にたどりつきました。

そこで中井昌暁は花粉症対策の1つとして毎日ヨーグルトを食べることにしました。他にも、えごま油が効果があるという記事を見つけました。

その中でサラダ油などのリノール酸を摂りすぎることでアレルギーが引き起こされてしまうためアレルギー症状に悩まされている人は接種を控える方が良いという事、えごま油などのαリノレン酸にはそうしたアレルギー作用を抑える効果があるという事を知りました。

そのため、全ての料理油をえごま油に変えました。

これらは薬のような即効性はありませんでしたが毎日続けることで肌とお腹の調子がよくなり体の調子がよくなってきた気がします。

また、薬を服用しないことで副作用の心配などもなくなり健康的になれた気がします。

そのため、花粉症対策以外にも体のためにも続けたいと思っています。

 

中井昌暁は数年前から花粉症の症状に悩まされていました。

そのため、毎年症状が出る前にクリニックを受診し薬を処方してもらい服用することで症状を和らげていました。

ですが、症状のあるなしにかかわらず薬を毎日飲み続けることに不安を感じたことと、クリニックに通う手間を考え自分で花粉症対策ができないか考えるようになりました。

そこで中井昌暁がおこなった花粉症対策は、食生活を改善する事でした。まず、ネットで色々調べた結果、普段飲む飲み物をルイボスティーに変えました。

ルイボスティーには老化や免疫力低下の要因の一つとされる活性酸素を抑えるSOD酵素様物質という成分が含まれています。

このSOD酵素というのは、年齢があがるに連れてどんどん失われていくため、年を重ねてから花粉症の症状が出てきた人にとってはとても効果が出やすいそうです。

これ以外にも甜茶も効果があるようです。

ただしアレルギー抑制効果があるのはGODポリフェノールを含んだバラ科の甜茶だけで、GODポリフェノールの量が多いものの方が効果が高いそうです。

そのため、普段口にする飲み物をすべてルイボスティーと甜茶にすることにしました。

また、この2つの飲み物にした以外に野菜を多く取り香辛料を多く含む食事を控えるようにしました。

香辛料は刺激物として体に負荷がかかるためアレルギー反応が出やすくなるそうです。

また健康面を考えると野菜を多くした方が良いと思い野菜中心の食事にしました。

すると花粉症の症状が緩和された他に体の調子もよくなりいいことだらけだったため、これからも同じ生活を続けようと思いました。

 

中井昌暁は数年前に突然、花粉症を発症してしまい、それによって引き起こされる症状に苦しめられるようになりました。

最初は鼻がむずむずするだけだったのですが、次第にくしゃみが連発するようになり、くしゃみが出ることによって頭がぼんやりとして微熱があるような状態になってしまいました。

鼻水も止まらないので仕事がはかどらず、すべてにおいてやる気が損なわれるようになりました。

このままでは駄目だと感じ、花粉症に効果がある薬をクリニックで処方してもらい、さらに家の中にできるだけ花粉を入り込ませないようにしました。

洗濯物を室内干しにしたり、空気清浄機を設置して息苦しくないように心がけました。

その効果があったのか、花粉症の症状は落ち着いてきましたが、ある晩、寝ていて突然、くしゃみが止まらなくなってしまいました。

中井昌暁は病気かもしれないと考え、クリニックで医師に相談したら、部屋の隅っこに溜まっている花粉が空気清浄機によって部屋中に循環している可能性があると指摘されました。

それからは花粉症対策として毎日のように掃除機をかけるようになりましたし、外から帰宅したときは玄関でコロコロクリーナーを使うようになりました。

花粉症対策は目に見えない花粉を相手にしているので効果があるのか疑問に感じることがありますが、掃除をこまめにするようになってからは、夜中にくしゃみが出るといったことに悩まされることはなくなりました。

花粉の時期が終わってもこまめに掃除をして部屋を綺麗に保ちたいと考えています。