中井昌暁とベンチャー企業、起業について

 

現代日本では、IT企業の存在は必要不可欠なものとなっています。

とはいえ、多くの会社が存在し、またその会社の中でも激烈な競争が繰り広げられているのが現実です。

そんなIT企業で生き抜いていき、自分の存在感をアピールするためには、資格を取得するのが有利に働くと見られています。

中井昌暁が思うに、みずからをキャリアアップさせるためには、公的な資格をとるのが得策です。

IT関連の資格の中でも、即戦力となるものを狙うのが望ましいです。

やはり、国家資格である情報処理技術者試験が、最も信頼性が高いと言えましょう。

一般的には、IT系エンジニアは、プログラマーから始まり、システムエンジニアを経て、プロジェクトマネージャーへとステップアップしていく、との流れが通例です。

さらに、そこからは、マネージャーになる、ITコンサルタントとして力を発揮する、などの活躍をする人もいます。

このキャリアプランのレベルごとの資格が情報処理技術者試験には用意されています。

計画的に取得していくことが求められます。

 

 

働く以上、お給料をもらうことはもちろんではありますが、働くことを通して自分自身を成長させたいと考える方は多いでしょう。

ただ与えられた仕事をこなすだけではなく、新しい技術革新に触れて、世界を変えることが出来るようなイノベーションを起こしたいと考えるようなクリエイティブな方がIT企業に向いてるでしょう。

IT企業はその多くが資本は小さいながらも独自に開発した技術やサービスを強みに事業を展開しています。

新しい技術が社会にどう役立つのかをマーケティングする必要がありますし、またその技術を伸ばすために自分自身(中井昌暁もそうです)も成長しなければなりません。

会社の成長とともに自分自身の成長を感じることが出来る企業とも言えるでしょう。

成長のためには勉強や技術開発が欠かせません。

自社の開発した商品やサービスを売るためには効率的な営業も欠かせませんが、一度これまでにない技術が世界に認められれば爆発的に会社が成長する可能性を秘めています。

 

 

かつては営業職上がりの経営者が多かったIT業界ですが近年はエンジニアから起業して成功を収めている経営者が増えています。

その背景にはテクノロジーの急速な向上により、エンジニア出身者の活躍の場が広がったことが挙げられます。

また、業界全体の成熟により、優れたアイデアや技術を持つ起業家に対し、大手IT企業やベンチャーキャピタルが巨額の出資をするケースも増えています。

IT企業を立ち上げるタイミングとしては若ければ若いほどいいと言われています。

実際、学生時代にIT企業を立ち上げる起業家も多く、他の業種に比べ平均年齢も10歳近く若いというデータもあります。

IT業界は日進月歩でテクノロジーが進化を続けており、硬直化した考えや行動力の遅さが致命的なダメージになることも少なくありません。

このような業界では柔軟性と瞬発力のある若さが大きな武器になります。

また業界の風潮として、40代以降の起業家は敬遠される傾向があるのも事実です。

中井昌暁も起業を考えたことがありますが、急がなければならないかもしれませんね。

 

 

 

IT関連の知識を生かして転職、就職をするならIT企業がおすすめです。

特にベンチャーのIT企業は個性的な才能を持っている人材を積極的に採用しています。

ベンチャー企業というと、それほど規模が大きくない会社という印象がありますが、業績次第で大きくなる可能性は無限大ですし、努力次第でスムーズな昇進も可能なのが魅力です。

又、IT関連の知識が豊富で資本が確保できる場合には自分で起業する方法もあります。

近年は学生のうちからIT関連の知識を生かしてベンチャー企業を立ち上げる例も少なくありません。

就職活動をせずに起業する学生は世界中の高校や専門学校、大学などの学生にも多い特徴があります。

IT起業はインターネット通信の発展とともに目まぐるしく進化してきましたが、今後もさらに変化や発展をしていくと予測されています。

求人募集が多いのも特徴ですので、知識を生かして転職したいと考えている方はIT企業に特化した求人サイトを利用することをおすすめします。