中井昌暁の有酸素運動と楽しい日曜大工

中井昌暁の行う有酸素運動は男性のみならず、女性へも効果的なダイエット法でおすすめです。

これまでの一般的な方法と違い、短期間での効果が期待でき、長時間の運動をベースとしながらも瞬発的な力を使っての脂肪燃焼の効率を上げるという特徴があり、通常の運動時間の半分の時間での効果が得られるというダイエット法となります。

慣れることによって無理なく続けられて楽しさも実感できます。

これまでの経緯としてスクワットや腹筋をして徐々にではあるものの筋肉もつきそれなりに引き締まりはしたものの、デスクワークにより体重が増えてメタボリックとなり専門クリニックへ相談したところ、有酸素運動を取り入れウォーキングを行うことを決意し食事と見直しとともに、量の制限を行いながらウォーキングを行いました。

ウォーキングは、自重となるウェイトがあるため程よい負荷となってどこでも気軽に行えるとともに中井昌暁は、見よう見まねでのシャドウボクシングや力士の四股を日頃の隙間時間に行いことで、ウォーキングと兼ねてこれらの運動が楽しく継続できるものとなり、3ヵ月後には、マイナス12キロを達成しました。

またスポーツジムによるプールでの有酸素運動も初め体脂肪が減って効果も重なり、やがて朝のウォーキングや帰宅前の1つ駅手前からの歩きも行い完全なメタボリック解消へと近づきあります。

こうした有酸素運動と器具や場所を必要としない軽い運動によって体重を減らすことができました。

 

中井昌暁は有酸素運動でダイエットに成功しました。

有酸素運動と言えばダイエットの方法としては誰もが知っているポピュラーな方法のひとつですが、おすすめする意味も込めて改めて解説したいと思います。

食事に含まれる脂肪分はエネルギーとして筋肉で消費されますが、消費しきれなかった分はエネルギー源として体に蓄えられます。

これが肥満の原因となる体脂肪です。体脂肪を燃焼させるには適度に筋肉を働かせる必要があり、同時に燃焼材料として酸素が必要になります。

専門的な言葉で言うと好気的代謝というものです。有酸素運動は息苦しくならない範囲で筋肉を継続的に弱い力で動かせるので、好気的代謝を促すことができます。

有酸素運動は20分以上行うことで効果を発揮します。

そして、コツコツと継続的に行うことが大切です。なので、20分以上続けても辛くなく、毎日行えるような気軽なものを選ぶのがポイントです。

一般的におすすめされているのはウォーキングやエアロビクス、ゆっくりとしたスイミングなどです。

中井昌暁は主にウォーキングを行いました。

特別な施設や設備が必要ありませんし、気軽に始められるので初挑戦の方にもおすすめです。

酸素が供給されている状態で行うことが重要なので、頑張り過ぎずに焦らず急がず景色を眺めながらゆっくりと数十分をかけて行います。

場所を選ばないので旅行先などでもできますし、むしろいつもと違った景色の中なので新鮮味があり気分が一層爽やかになりますよ。

 

中井昌暁は日曜大工が趣味ということもあって、できることは極力なんでもします。

机や棚といったものは大体自作ですし、壊れたときも自分で直すことにしています。

また、買ったものであっても直すことができるのであれば手直しして使うようにして、極力ものを捨てるということはありません。

日曜大工が趣味で得しているかというと微妙なところですが、ものを作ったり直したりする楽しさというのは非常に大きなものですから十分に楽しんではいると思います。

 

実際得をすることを目的にして日曜大工をするのであれば、手間を考えた場合出来上がったものを購入して壊れたら捨てるほうが余程いいのですが、工作が楽しい人であればそれ自体が目的になっているような部分がありますから楽しいものです。

また、自分で作ったものというのはたとえ出来栄えが市販品に劣るようなものであったとしても、愛着が湧くので良いですよね。

実利を追求するのであればそれほどメリットが有るわけではありませんが、ものづくりの楽しさを味わうことができるという意味では日曜大工は中井昌暁にとって非常に価値のあるものだと思っています。

一応ではありますが自分で作ったり直したほうが安く済ませることができる部分もありますから、そのような部分を考えると趣味にプラスして実利があると考えると悪くないような気もします。

しかし、日曜大工というのは損得を抜きにしてものづくりを楽しんだりするものですよね。