中井昌暁君と有酸素運動

中井昌暁はお菓子を含めて食べることが大好きで、少し油断をすると体重が増えて太ってしまいます。

小学校の時は肥満気味でしたが、中学校と高校は運動部に所属していたので、摂取するカロリーよりも消費するカロリーの方が多かったので、太ることはありませんでした。

大学でもテニスサークルに所属して練習に明け暮れていましたから太ることはありませんでしたが、社会人になってからは運動をする機会が減ってしまい、しかも仕事がデスクワークが中心になったので体を動かすことがほとんどなくなってしまいました。

食べる量は減らなかったので、体重が増えてメタボリックになってしまい、健康診断ではこのまま肥満が続くと命にかかわる病気を併発するかもしれないといわれて驚きました。

中井昌暁は健康そのものだという自信をもっていたので、病気という言葉を聞くと怖くてしょうがなくなりました。

肥満にならない体づくりをしたいと考え、肥満を治療する専門クリニックに相談することにしました。

そこでは医師から、有酸素運動をして血中の脂肪を減らし、基礎代謝を高めて太りにくい体質を手に入れることが大事だと教えてもらいました。

今まで筋肉をつけるための運動はしたことがありましたが、有酸素運動についてはあまり興味をもっていませんでした。

しかし健康を維持するために必要なのであれば、やってみようと考え、その日からウォーキングなどの有酸素運動をすることにしました。

毎日続けることによって、体質改善ができ、太りにくい体質になりました。

 

食べることが好きな中井昌暁は、一時期体重が90キロ台になり、体調が悪化する状況を経験しています。

中井昌暁は、体調不良を理由に医療クリニックを受診した所、食事量や運動不足が体調を悪化させていると分かりました。

診断の結果医者が勧めたのは、食事の見直しと量の制限を行うこと、そして有酸素運動の取り組みの二つです。

食事が何よりも好きな中井昌暁にとって、食事制限は辛い取り組みでしたが、有酸素運動に幸せを見出すことが出来たので、空腹の辛さを乗り越えられたといえます。

中井昌暁が取り組んだ有酸素運動は、道具を使わないトレーニングで、場所を選ばず好きな時に始められる点が特徴です。

ウォーキングは、体重が思い人にとって負担は掛かるものの、逆に自重が程良いウエイトになるので、結果的に中井昌暁は効率的に痩せることが出来ました。

他にも、見様見真似でシャドウボクシングを行ったり、力士に触発されて四股の真似事を続けたことが、隙間時間を活かした有酸素運動を実現しました。

人に見られて恥ずかしい思いをしたり、思うよりもパンチの速度が遅く、実際は不格好に見えることも、本人は良く理解しています。

しかし、それでもトレーニングを止めることはなく、本人が楽しいと思える方法を続けたことで、3ヶ月後には体重マイナス12キロを達成しました。

効率を求めれば、もっと早く有酸素運動の効果は出ますが、本人が楽しいと感じる方法を優先した結果、ストイック過ぎないトレーニング方法が確立しています。

 

中井昌暁は社会人になってから、圧倒的に運動量が減ったことが気になっていました。

学生の頃はテニスサークルに所属していたので、時間が許す限り、ラケットをもってコートの中をとびまわっていました。

しかし社会人になってからは、友人とも会う時間がなくなってしまい、自然とテニスをしなくなってしまいました。

運動をしないようになると新陳代謝が悪くなってしまうのか、体がむくんだり、体重が増加傾向になることに気付きました。

このままでは年齢より老けてみえるのではないか、肥満になって重大な病気を引き起こすのではないかと心配になったので、運動を始めることにしました。

中井昌暁の住んでいる地域はビルが建ちならんでいて、ウォーキングをする場所がありません。

そのため、スポーツジムに登録して有酸素運動を行うことにしました。

スポーツジムのインストラクターが、中井昌暁に合ったトレーニングをアドバイスしてくれたので、まずはゆっくりとプールの中で歩くことから始めました。

中井昌暁は小さい頃に水泳を習っていたので泳ぎには自信がありましたが、実際に泳いでみようとしたら、想像以上に体力が落ちていて、息つぎはしんどいと感じました。

そこで、インストラクターのアドバイスどおりに、プールの中を歩くという有酸素運動を行うことにしました。

水の中は抵抗感が強いので、想像以上に力を必要として、全身運動を行うことができました。

運動を終えた後は、ほどよい疲れがあり、体がすっきりしました。

有酸素運動を続けることによって、スポーツジムに入会したときよりも体脂肪を減らせました。