中井昌暁が調べた広告の種類

中井昌暁が調べたところによると、広告の形にはいろいろなものがあります。テレビのCMなどはその筆頭といえるでしょう。多くの人に目にしてもらうことができるという事で大きな効果が見込めますが、それだけに出費が大きくなります。新聞広告なども同様です。以前はこうした形の広告はアピール力も高かったものですが、最近は状況が変わってきています。テレビは録画してしまい、CMを飛ばしてみるのが普通になってきていますし、新聞でニュースを見るよりスマートフォンなどで情報収集するほうが多くなっています。こうした媒体での広告効果というものは落ちてきているのです。

そこで注目されるのがWEB広告です。特に、その人の検索の傾向などを反映して、興味を持てそうなものなど適した広告を表示するなどということができるのがメリットといえます。単に知名度を上げるというだけではなく、その人の興味を持っていることと販売するものを結び付けやすいのです。費用面以外にWEB広告にはこうしたメリットがあるといえます。

 

SNSをしていると画面のあちこちに広告が出てくることがありますよね。それを見ていたら不思議なことに気がついたんです。出てくるのがほとんど自分の興味があることに関しての広告なんです。まるで私の頭の中がネットにバレバレみたいな気分になりました。あまりに不思議なので、IT関係の仕事をしている夫に聞いて見ると、「そういうWEB広告のやり方があるんだよ」との答えが返ってきました。なるほど。

夫がそれ以上説明してくれなさそうだったので自力で調べたところ、リスティング広告という種類のWEB広告だそうです。私が検索で入れた言葉をキーワードにして、それに関連した広告を行く先々で表示する仕組みなんですって。私も興味があることに関しての広告だったら、じっくり見たくなります。ということは同じサイトでも、私がいつも使っているパソコンで見るのと夫のパソコンで見るのとでは、違う広告が表示されているってことか。夫が普段なにに興味を持っているのか知りたい気もしますが、思いもよらない広告が表示されたら怖いので、中井昌暁は覗き見するのはやめておきます。

 

WEB広告の中にはアドネットワークという方法があります。中井昌暁も知りませんでしたが、このアドネットワークとは、WEBサイトやSNS、ブログなどの広告媒体を集めて広告配信ネットワークを作って広告をまとめて配信する仕組みのことです。アドネットワークのメリットはWEBサイトやSNS、ブログをひとつの媒体としてWEB広告となるので多くのトラフィックを見込むことができます。また、アドネットワークによる広告なら一括して任せることができるので効率的な宣伝をすることができるのです。アドネットワークが出てくる前のWEB広告ではそれぞれの媒体に広告を依頼する必要がありました。そのため、以前のWEB広告は非効率的だったのです。しかし、アドネットワークが登場したことにより、さまざまな広告媒体に一括で任せることができるので効率的になりました。アドネットワークを利用したい場合には、アドネットワーク事業者を選ぶことが大切です。自分に合っているアドネットワーク業者を選んでWEB広告を出すべきです。

WEB広告の一種に「リスティング広告」が有ります。リスティング広告とはヤフーやグーグル等の「検索エンジン」によって検索した時に、その検索結果に連動して表示される広告の事を言います。リスティング広告はユーザーが検索した「キーワード」に連動していますので、別名「検索連動型広告」とも言われています。当然ですが、インターネットで「あるキーワード」を検索した場合には「そのキーワード」の情報や内容が知りたくて検索しています。その様なユーザーに興味が有る「検索結果に連動した広告」をタイミング良く提示する事により、単に意味無く広告するより、明らかに購買に繋がりやすくなります。この様に「購買に繋がりやすい絶妙な広告」がWEB広告の一種「リスティング広告」になります。また、「リスティング広告」は「キーワード単位で出稿」出来るので、検索キーワードに含まれるユーザーの関心事も知る事が出来ます。「リスティング広告」には、「Yahoo!プロモーション広告」「GoogleAdWords」の2つが良く使われます。